ラビット

ラビットの特徴

ラビットの特徴の1つに、「柔らかい対応」があります。必ずしも全ての査定士に共通しているわけではありませんが、ラビットの社風が「丁寧な説明」にという心掛けは評判も高いです。とにかく親切丁寧で、「なぜその価格になるのかという理由」を説明するのはもちろん、「業界の現状」についても聞けば正直に教えてくれます。

 

ほとんどの方が、車に関しては素人です。「その金額で本当に大丈夫ななのか」という不安材料を払拭してくれるだけの十分な情報を提供してくれるため、「今日は決めるつもりではなかった」という人でも即決してしまうパターンが多い業者です。さらに即決しなかったとしても、その後のしつこい電話がかかって来ることが少ない業者でもあります。もちろん担当者によって異なりますが、社風としてそのようなことを好まないため、後々の電話等を面倒に感じる人は「査定に出す価値がある業者」といえます。

 

また高額な査定に関しても好評価があります。大手のオークション事業者と提携しているというのもありますが、買い取って整備した車はオークションへとダイレクトに出品されます。したがって、高額な参加手数料などを抑えられるため、その分だけ買取金額も上がりやすくなっています。その一方で、「急に買取金額が下がってしまう」という事例も報告されています。車は、何もしなくても放置しておけば価値は下がります。したがって、査定から契約までに時間がかかるようであれば、買取金額が契約途中で下がってしまうこともあるのです。その頻度がラビットでは「少し多い」と感じる方が多いようです。