ラビット

輸入車について

ラビット

 

 

日本で見かけるクルマは、国産車だけではありません。海外のブランドも見かけることができます。それらはいわゆる「輸入車」と呼ばれるジャンルに分類されて、一般的には「外車」と呼ばれています。

 

オーストラリアや韓国など生産・販売されている地域は様々ですが、中でもアメリカとヨーロッパのものが多く見受けられます。そしてその2つでは、欧州のほうが人気があります。それは我が国の道路事情に合った、狭い路地でも快適に走ることができるコンパクトカーを、多く生産しているからです。

 

もちろん、大きなクルマもないわけではありません。しかし、取りまわしのよさや使い勝手というニーズの面で、今では小さなほうが好まれているのです。ちなみに、海外で生産されており、日本に輸入されている日本車は「逆輸入車」になります。


輸入車エントリー一覧

ヨーロッパ車
日本にはヨーロッパからの、たくさんの輸入車があります。まずは高級車の代名詞的存在とも言えるドイツのメルセデスベンツ、それからBMWなどが挙げられます。イギリスのジャガーも有名どころで知られています。それからアストンマーティンも某アクション映画で名が売れた一つでしょう。さらにスーパーカーでは、赤のフェラーリ、黄色のランボルギーニなど、イタリアのメーカーが名を連ねます。コンパクトカー目を向けてみると、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」や「ポロ」が、取りまわしが利きやすく、現行モデルにおいてはそこそこパワ...
ベンツ
いちばん日本人に馴染みが深い輸入車と言えば、「ベンツ」では無いでしょうか。高級車メーカーのリーダー的存在として知られており、映画では極道の幹部が乗っているようなクルマというイメージも強いのが特徴的です。しかし、イメージされるのはたいていセダンであり、オープンカーやコンパクトなハッチバックが販売されているのを、一般人はあまり知りません。それから、モータースポーツへの参戦も積極的におこなっているほか、トラックタイプを見かけることもあります。そう言う商用車メーカーとしてもドイツでは有名で、ほかにもバス...
プジョー
世界でもっとも古いクルマの量産メーカーとして知られているのが「プジョー」です。ヨーロッパ本国でも、一般市民に深く愛され浸透しています。日本では、タクシーのカーアクション映画にこの「セダン」が使われ有名になりました。実際、ツーリングカーレースや、ラリーに参加していたこともあります。また、我が国の道路事情から、この小さなクルマは人気を博しています。中でもコンパクトハッチバックモデルの「206」や「306」、それから今では「308」などが販売されています。とくに206においては165万円からと言う安価...
フェラーリ
真紅のボディにハイパワーなエンジンを搭載し、甲高いエキゾーストノートを奏でて走り去っていくスポーツカー、それがイタリアの「フェラーリ」です。安いものでも中古車で300万円以上することは当たり前で、新車ならば1000万円オーバーもめずらしくはありません。ほとんどの人にとってまさに「夢のスーパーカー」であることは間違いがありません。パーツも高く、トラブルが多いのも特徴のひとつです。日本でも広く知られており、オーナーズクラブがあります。しかし、性能的にあつかい切れないと言う人も居ますし、山口県付近で起...