ラビット

eKワゴン

ラビット

 

4WDのパジェロやランサー、ギャランなどラリーのイメージが強いメーカーとして有名なのが、ほかにも事業をたくさん展開している三菱グループのひとつである三菱自動車です。

 

その三菱自動車が発売している軽自動車のシリーズモデルとして有名なクルマが「eKワゴン」です。これはこのeKワゴンをはじめとする「eKシリーズ」のラインナップのモデルのひとつであり、eKワゴンはそのラインナップのもっともはじめに発売されたモデルなのです。

 

このeKワゴンをベースにして、初代モデルではいろいろなシリーズモデルが発売されていました。今のeKワゴンは2代目となり、ラインナップは減少して「eKワゴン」と「eKスポーツ」の2種類になっています。そんなeKワゴンですが、三菱自動車の誇る軽自動車として2001年から歴史がスタートしました。ミニカトッポを生み出した人が生み出したのがこのeKワゴンで、カタログにはその人からのメッセージも載せられていました。

 

コストダウンも重視した低価格な値段設定、それから機械式の駐車場に入ることが出来るくらいの高さが魅力的なポイントとなっていました。それからセンターメーターやMTの設定もラインナップにありました。

 


eKワゴンエントリー一覧

eKシリーズ
今の時代は軽自動車の時代とも言われているクルマ業界ですが、そうした時代に合わせるためにいろいろなメーカーがこうした軽自動車のシリーズをラインナップしています。三菱自動車でもそうした流れに乗っかって軽自動車のシリーズをラインナップしているのですが、それが「eKシリーズ」です。今のeKシリーズは2代目になるのですが、初代のeKシリーズと2代目のeKシリーズとではそのラインナップの数に違いがありました。初代eKシリーズの最初に発売されたのが「eKワゴン」であり、これが今までつづくeKシリーズはじめての...
eKクラッシィ
どこか昔なつかしいデザインを感じさせる、あるいはそう言ったデザインを基調につくられているクルマがあります。こうしたデザインを好むユーザーもいるからこそ、クルマメーカーにおいてはそうしたモデルのラインナップをカタログにするわけであり、これもまたそうしたユーザーを取り込むことが出来るようにするための販売戦略のひとつとして考えられることも多いものです。三菱自動車においても同じくそうしたラインナップを販売しているのですが、それが三菱自動車の軽自動車シリーズとして知られているモデルである「eKシリーズ」の...
eKスポーツ
クルマのラインナップの中でスポーティなモデルを用意するのは今では当たり前のことになっていますが、軽自動車でももちろんそうしたスポーティなモデルを売り出すようになりました。そのひとつが三菱自動車から発売されている「eKスポーツ」になります。このeKスポーツと言うモデルは三菱自動車が販売している軽自動車のシリーズとして有名な「eKシリーズ」の中にラインナップされているモデルとなっており、eKスポーツのラインナップ前に発売されたeKシリーズのもっとも最初のモデルである「eKワゴン」をベースにしたのがe...
eKアクティブ
軽自動車の中でシリーズモデルがあるクルマはたくさんありますが、三菱自動車の「eKシリーズ」もそのひとつに当てはまります。いろいろなeKシリーズがありますが、その中でも名前からして強そうな「eKアクティブ」があります。eKアクティブはクロスオーバーSUVモデルとして知られており、正式なクロスオーバーが軽自動車ではなかなか認められていないクルマが多い中、クロスオーバーSUVモデルとしてeKアクティブは正式に認められることになりました。eKアクティブは初代eKシリーズシリーズにしか無いモデルとなってい...
初代eKシリーズ
三菱自動車から発売されている軽自動車のシリーズと言えば「eKシリーズ」があります。このeKシリーズの初代は2001年に登場しました。初代eKシリーズは同じ三菱から発売されていた車高が高いワゴンであることで有名な「ミニカトッポ」の生みの親でもある人がつくり出したものです。初代eKシリーズの中でもっとも最初に生み出されたモデルが「eKワゴン」でありますが、このeKワゴンをはじめとした初代eKシリーズはまずは2種類のグレードでの販売からスタートしました。それから「ブラックインテリアエディション」などの...
2代目eKシリーズ
2006年の9月13日、三菱自動車の軽自動車シリーズである「eKシリーズ」は2代目eKシリーズへとモデルチェンジをしました。それまでコラムシフトであったものをインパネシフトへとチェンジしてイメージを一新し、軽自動車としてはこの当時この2代目eKシリーズがはじめての採用をしたLEDのリヤコンビランプがありました。ですが基本的に2代目eKシリーズは初代eKシリーズとあまり変わらないデザインであり、キープコンセプトとなっていたのでターゲットのユーザーも変わってはいません。2代目eKシリーズでは前述のL...
日産・オッティ
自社のメーカーの製品を売り出す経営戦略はいろいろなものがありますが、その中でも少し変わったものとして、ほかのメーカーと共同で開発してその他のメーカーといっしょに販売する方法、あるいは開発をべつのメーカーが担当して自分のメーカーで販売を受け持つ方法などがあります。これらのことをOriginal Equipment Manufacturer(オリジナル・エクイップメント・マニュファクチュアラー)と言い、通称で「OEM」となっているのですが、クルマメーカーや家電製品メーカーなどではごく普通にこの方法が...
eKワゴンの装備
自分のメーカーのクルマを売ると言うことは、いろいろなところを考えてクルマを開発していかなければなりません。価格もそうですしエンジンやサスペンションなどのポテンシャルもそうですが、それ以上にクルマはわたしたち人間が楽に長い距離を移動出来るようにつくられた乗り物でありますから、装備と言うポイントも非常に重要なことであります。もちろん必要最低限の装備で充分と言う人もいますし、装備にはこだわりたいと言う人もいますのでそうしたいろいろな顧客のためにグレードもいろいろ用意するわけです。三菱自動車から発売され...
特別仕様車
クルマメーカーが販売しているクルマのラインナップには、その多くのモデルに「特別仕様車」が存在しています。特別仕様車と言うのは装備を充実させたり、外装がノーマルモデルと違っている、販売台数が一定台数を突破した記念、発売から一定の年数が経った記念と言ったように、特別仕様車がつくられる理由と言うものはユーザー層の拡大を見込んだものであったりそうした記念につくるモデルであったりと言うことになります。三菱自動車の軽自動車シリーズモデルとして有名な「eKシリーズ」においては、スポーツやワゴンなどでいろいろな...